×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

eワラントの大きな魅力であるギアリングについて解説

eワラント研究室-カバードワラント eワラント研究室eワラント日記リンク問い合わせ

ギアリングとは

 ギアリングはてこの原理のことでeワラントの魅力の一つとなっています。

 ギアリングは対象原資産1単位と1原資産当たりに換算したeワラントの価格の金額比を表しています。但し、将来のeワラントの値動きについて示唆するものではないため、ギアリングの値が大きいからといって大きな値動きが期待できるとは限りません。

 値動きの大きさはデルタを考慮した実行ギアリングが参考になります。

ギアリング = 対象原資産の価格 × 1ワラント当たり原資産数 ÷ eワラント価格

 H18.4.28富士通の終値時点での価格を例にすると

ギアリング = 949円 × 0.1 ÷ 6.81 = 13.93

 ということになります。すなわち富士通コール71回は、同じ金額だけ富士通株を購入した場合と比べ13.93倍のリスクをとっていることとなります。

 しかし、ここで注意したいのはeワラントの価格は株価と完全に一致した動きをしないということです。株価が1%上がったからといって、eワラント価格は (1%×ギアリング) 分上がるとは限らないのです。実際eワラントの値動きは (1%×ギアリング) より小さくなります。

 このような株価とeワラント価格との連動性の割合をデルタといいます。



実効ギアリングとは

 先ほどの富士通コール71回でいうと、ギアリングは13.93倍ですが、その値動きはデルタが0.7とあるように、富士通株の70%の値動きしかしないということになります。

 すなわち、値動きが株価の70%なので変動リスクが小さいということになります。

 よって、実際のリスクはギアリングではなくデルタを考慮した実効ギアリングで表されるということです。

実効ギアリング = ギアリング × デルタ

 富士通の例でいうと

実効ギアリング = 13.93 × 0.7 = 9.75

 という感じになります。

 実際のリスクを見る上で実効ギアリングは一番参考になると思います



eワラント用語の研究
時間的価値
  時間的価値の傾向を研究
  時間的価値はいつ減少するか?
スプレッド
  15:00以降のスプレッドに注意
プレミアム
デルタ
ギアリング


eワラントと状況分析
15:00以降のニュースに注目
米株価、円相場、原油市場に注目
シカゴ日経平均先物に注目
ADR価格に注目
世界の株価指数に注目
世界の株価指数のeワラントを購入


eワラントを購入する
eワラントを始めるにあたって
eワラントを取り扱っている証券会社
eワラントの価格表を理解しましょう
値動きがあるものを選びましょう
理論派シミュレーションを使う
どの回号を選ぶべきか?
 [ 短期保有長期保有


eワラントとテクニカル分析
テクニカル指標を利用するにあたって
 ・パラボリック
 ・RSI
 ・MACD
 ・ストキャスティック
 ・ボリンジャーバンド

 
当サイトの情報を基に投資された場合でも、その結果については一切責任を負いかねます。
最終的な判断は自己責任にてお願いいたします。