×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

eワラント研究室ではeワラントについて初心者の方にも分かるよう研究してみます
eワラント研究室-カバードワラント eワラント研究室eワラント日記リンク問い合わせ

時間的価値について

 eワラントの特徴のひとつに時間的価値というものがあります。eワラントは期限付きの権利であるため、時間とともに時間的価値が減少し、対象原資産の価格に変化がなければeワラントの価格が減少していきます。

 その時間的価値の減少にはどうのような傾向があるのか検証します

時間的価値の傾向

参考原資産の価格に変化がない場合の時間的価値の減少を検証

1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月
日経平均360回
権利行使価格12000
ギアリング: 3.98
34.6

34.31
△0.29
34.08
△0.23
33.86
△0.22
33.71
△0.15
33.67
△0.04
33.75
0.08
日経平均361回
権利行使価格13000
ギアリング : 4.8
26.11

25.64
△0.47
25.2
△0.44
24.73
△0.47
24.3
△0.43
23.95
△0.35
23.82
△0.13
日経平均364回
権利行使価格16000
ギアリング : 8.46
7.97

7.19
△0.78
6.41
△0.78
5.46
△0.95
4.4
△1.06
3.11
△1.29
1.5
△1.61
   2006/1/23 現在 : 日経平均 15,360.65円
   満期日はすべて7ヵ月後の8月となっています
   理論派シミュレーターで計算しています



時間的価値の傾向

上の表を見ていただいて分かることは
  • 対象原資産の価格が権利行使価格を超えているほど時間的価値の減少は少ない
  • 対象原資産の価格が権利行使価格を超えていない場合、満期日が近いほど
    時間的価値の減少が大きい
 確かに日経平均364回の場合1ヶ月前だと権利行使価格を割ってしまう可能性も高いですから価値の減少が大きいのも当たり前でしょうか?

 満期間近で権利行使価格付近の株価になっている銘柄は1日あたりの時間的価値の減少が大きいので注意しましょう。



eワラント用語の研究
時間的価値
  時間的価値の傾向を研究
  時間的価値はいつ減少するか?
スプレッド
  15:10以降のスプレッドに注意
プレミアム
デルタ
ギアリング


eワラントと状況分析
15:00以降のニュースに注目
米株価、円相場、原油市場に注目
シカゴ日経平均先物に注目
ADR価格に注目
世界の株価指数に注目
世界の株価指数のeワラントを購入


eワラントを購入する
eワラントを始めるにあたって
eワラントを取り扱っている証券会社
eワラントの価格表を理解しましょう
値動きがあるものを選びましょう
理論派シミュレーションを使う
どの回号を選ぶべきか?
 [ 短期保有長期保有


eワラントとテクニカル分析
テクニカル指標を利用するにあたって
 ・パラボリック
 ・RSI
 ・MACD
 ・ストキャスティック
 ・ボリンジャーバンド


 
当サイトの情報を基に投資された場合でも、その結果については一切責任を負いかねます。
最終的な判断は自己責任にてお願いいたします。